スリーミニッツキャッシュ 北川賢一 口コミ

 

スリーミニッツキャッシュ
詳細はこちらをクリック



ブックメーカー投資は勝率100%!
後出しジャンケンのような投資法



ブックメーカー投資とは、英国を中心に欧米の富裕層の間で行われている投資法です。正しく実践すれば、理屈から考えて損失が発生するはずはなく、勝率は100%です。


そのブックメーカー投資を始めるためのマニュアルが、北川賢一氏の「スリーミニッツキャッシュ」です。全くの初心者が安全確実にブックメーカー投資を始めて、ちゃんと稼ぐために必要な知識全てが盛り込まれています。


1回の投資に必要な作業は、わずか3分。あとは、それをどれだけ繰り返すかで収益が変ってきます。少し頑張れば、月に30〜40万円程度は十分に可能です。


たとえ、あなたがFXや株式投資でボロ負けしていても、あるいは、全くの投資初心者であっても、「スリーミニッツキャッシュ」に従って機械的に作業を行えば、上記の利益が得られるのです。


ブックメーカー投資はスポーツの勝敗を予想する“くじ”です。日本のサッカーくじ「TOTO」をもっと大規模にしたものと思えばよいでしょう。


“くじ”の運営主体(つまり胴元)ことをブックメーカーと言いますが、欧米には3,000を超えるブックメーカーがあります。同じ試合でもブックメーカーごとにオッズ(掛け率)が異なるのがミソで、勝率100%の投資が可能な理由はここにあります。


「スリーミニッツキャッシュ」の公式サイトから、ちょっと具体例を引用してみましょう。


MikkelとCarlの試合で、2つのブックメーカーA/Bのオッズが次のようになっていたとします。


ブックメーカーA ⇒ Mikkel: 1.72倍、Carl: 2.00倍
ブックメーカーB ⇒ Mikkel: 1.54倍、Carl: 2.55倍


このとき、手元に投資資金が10万円あったら、ブックメーカーAでMikkelを6万円買い、ブックメーカーBでCarlを4万円買えば、どちらが勝っても必ず利益がでます。つまり、勝率100%なのです。


■ Mikkelが勝った場合

投資額:100,000円
払戻し:60,000円×1.72 = 103,200円
利益: 103,200円 - 100,000円 = 3,200円


■ Carlが勝った場合

投資額:100,000円
払戻し:40,000円×2.55 = 102,000円
利益: 102,000円 - 100,000円 = 2,000円


このように、どちらが勝っても利益が発生するような組み合わせがけっこう存在するのです。


ただし、それらを見つけて実際に取引するのはそれなりに大変で、コンピュータの力を借りなければ事実上無理です。もちろん、「スリーミニッツキャッシュ」には、そのようなシステムが用意されています。


あなたが行うことは、そのシステムの指示に従って機械的に取引することです。指示通りに“くじ”のペアを買うことができれば、その時点で利益が確定しています。(試合の結果を待つ必要がありません。)


つまり、機械的な作業を繰り返すだけで、月数十万円の収益が得られるわけです。


もし、興味があれば、初心者向けマニュアル「スリーミニッツキャッシュ」を見ながらチャレンジしてみてください。親切なサポートも付いているようです。


詳細はこちらをクリック




北川賢一氏の「スリーミニッツキャッシュ(Three Minutes Cash)」の口コミ、レビュー、効果などの情報を公開しています。勝率100%の投資で月に数十万円の収入源を作る方法です。




ブックメーカースポーツ投資「Bookmakers Arbitrage Pro 2010」 レビュー


トレンドマスター アクシス レビュー


楽勝ちFX 辻誠 レビュー